方向音痴な言説

地図・ナビゲーションにまつわる俗説を取り上げます

人間の空間認識能力は低いが、地図は読める

関連過去記事
地図を読むには、空間認識能力より言語能力の方がはるかに大事

 空間認識能力とは、物の形状、位置、大きさ、形状、距離などを立体的に把握する能力のことです。そして、空間認識能力と地図読み能力は過剰に結び付けられています。
 しかし、地図と現実空間は異なります。地図というものは、現実世界の特徴物をデフォルメ・記号化し、人間にとって興味があるものを誇張する一方、人間にとって興味のないものを切り捨てて描画した模式図です。例えば、「道路」は人間にとって非常に重要ですから、地図上では過大に描出されています。他方、「樹木」は、「道路」や「建物」に比べて粗雑な扱いです。百年後もその場に残りそうな樹木よりも、十年以内に付け替えられたり取り壊されたりしそうな道路や建物の方を、地図は優先的に描いています。通常の人間にとって、樹木はいちいち識別できる特徴物ではないからです。それに、「等高線」なんていう実体のない仮想線も地図には描きこまれています。高低情報も人間にとって重要ですからね。
 地図を読むにあたって、地図描画に関する「お約束ごと」を事前に学習する必要があります。現実世界に存在する物体に個別の記号を割り当て、「等高線」のような仮想線は共通理解可能な規則に従って描出することにより、地図上から情報抽出していくことが可能になります。こうした作業に、さほど高い空間認識能力は必要ありません。記号化・抽象化されたシンボルに規則にのっとった意味づけをして図示し、それを読み手が読解していくのですから、むしろ言語理解に近いです。 

 空間認識能力は、移動能力を持つ動物なら多かれ少なかれ持っています。昆虫の脳にも備わっています。あ、もちろん昆虫にもちゃんと脳はありますよ。神経節がちょっと膨れたような感じですが。スペックが同じなら、より軽量コンパクトな方が高性能に決まっていますが、人間よりもはるかに小さな脳で、人間よりもはるかに高い空間認識能力を持つ動物はいくらでもいます。
 ヒトよりはるかに高い空間認識能力を持つ動物の例として、高速飛行する猛禽類の動画をご覧ください。ハヤブサオオタカの背中に小型カメラを取り付けた見事な映像が堪能できます。 

・Flying with the fastest birds on the planet: Peregrine Falcon & Goshawk - Animal Camera - BBC(動画、英語) 
https://www.youtube.com/watch?v=p-_RHRAzUHM 

 ハヤブサオオタカは、飛んでいる小鳥を追いかけ回して狩る性質があります。上記リンク先動画の前半部は、海岸などの開けた場所に棲息するハヤブサを、後半部は疎林に住むオオタカを収録しています。
 動画の前半で、ハヤブサが上空から急降下し、地面に激突寸前で急上昇に転じる場面があります。当然ながら、自身の降下速度や地面との距離を一瞬で把握し、地面と衝突しないように絶妙なタイミングで身体コントロールしなければ、こんな芸当はできません。
 動画の後半では、疎林の中を自在に飛び回るオオタカ目線の映像ですが、よく見ると、前方に見えているのが枝であればよけているのに、葉っぱであればそのまま突っ込んでいます。空間認識能力のみならず、瞬時の判断力も大したものです。
 動画中のハヤブサオオタカはもちろん素晴らしい能力の持ち主ですが、別にエリートハヤブサ・エリートオオタカではないでしょう。人間に捕まってカメラを取り付けられるぐらいだから、むしろダメハヤブサ・ダメオオタカなんでしょうが、それでもどんな人間よりも高い空間認識能力を持っています。もちろん、鳥類はおしなべて高いナビゲーション能力を持っています。 

 しかし、どれほど高い空間認識能力を持っていても、それだけでは地図は読めません。記号化されたシンボルに、現実世界と対応可能な意味があることを理解していなければ、地図は読めないんです。
 現在のところ、言語能力を持つと断定できる動物は、ヒトしかいません。ヒト以外に言語能力を持つ動物候補に挙がっているのは、チンパンジーなどの一部霊長類、クジラ・イルカ類ですが、異論も多く、現時点では断定的なことは言えません。
 絶滅したネアンデルタール人は、現生人類よりも大きな脳を持ち、言語能力を持っていたのはほぼ確実視されていますが、咽頭の構造上、ネアンデルタール人はうまく喋れなかったようです。ネアンデルタール人の指は現生人類よりも太く、したがって握力が強く凍傷になりにくいのですが、一方で指先の器用さには不利だったようで、書き文字言語を操っていたとも考えにくいです。身振り言語や、声の高低・抑揚・強弱などによる言語を使っていたのかもしれません。  

 ヒト以外の動物はともかく、人間の場合、地図を読む能力に関しては、地図を読む必要性のある生育環境にいたかどうかも大きな影響を及ぼします。特に地図を読む必要性がなかったために、高度なナビゲーション能力を持ちながらも全く地図を読めない人については、私の過去エントリ「地図を読む能力」と「ナビゲーション能力」は別物で紹介していますし、私以外にも言及している人がいます。 

・ブログ ふぃっしゅ in the water より 2013-09-05付記事
 世界はひろいな 3  <地図>
http://d.hatena.ne.jp/fish-b/20130905/1378330100 

 「地図を読む能力」と「空間認識能力」を同一視、もしくは過度に結び付けている言説には要注意ですね。

男脳と女脳(3) − 男は問題解決、女は共感という俗説は、なぜ人口に膾炙し続けるのか

関連過去記事 
男脳と女脳(1) − そもそも無意味な分類ではないか

男脳と女脳(2) − 怪しい本の見分け方

 

 当ブログは、もともと地図・ナビゲーションにまつわる俗説のおかしさを指摘する目的で立ち上げました。一方、地図・ナビゲーション関連の俗説の出火元である男脳・女脳説も輪をかけてひどい代物なので、こちらも批判してきました。

 
 
参照 
『話を聞かない男、地図が読めない女』 (1) − 影響力の絶大さ 

『話を聞かない男、地図が読めない女』 (2) − 男脳・女脳テスト 

『話を聞かない男、地図が読めない女』 (3) − 男は狩りをしない 

『話を聞かない男、地図が読めない女』 (4) − 空間能力と地図 

『話を聞かない男、地図が読めない女』 (5) − ナビゲーションと地図 

『話を聞かない男、地図が読めない女』 (6) − 新装版発売 


 巷では常識のように「男は問題解決、女は共感」と言われます。まるで「問題解決」と「共感」が相容れないような言い方ですが、おかしな話です。「問題解決」の反対語は「問題未解決」、「共感」の反対語は「反感」です。そもそも、問題に対して働きかけた結果、現状よりよい方向に着地するのが「問題解決」であり、「共感」は心的状態ですから、両者は全く別軸だし、いくらでも両立できます。
 しかも、巷の自己啓発系書籍やウェブサイトなどで「男は問題解決、女は共感」の例として挙げられている「男が提示する解決策」とやらが、ひどく的外れだったり、自分もできやしないことをさも簡単にできることのように口先だけで大言壮語していたり、肥大化した優越感情を満たすだけの自己満足説教だったりして、それこそ何の解決にもなっていないのが笑えます。まさに「問題未解決」ですね。
 さらに厄介なのが、「男は問題解決、女は共感」なんてヨタを真に受けた男、もしくは自称男脳の女が「問題解決する自分」をアピールして自慢話を始めることです。この手の人たちに反論しても、反感を買って根に持たれるだけでしょうし、かといって、面倒ごとを恐れて相手に調子を合わせてひたすら相槌だけを打っていたら、自分は賛同されていると勘違いして増長し、余計に周囲に精神汚染の火種を放火して回るのが目に見えているし、どちらに転んでもお手上げです。

 「共感を求める女と違って問題解決する男脳の自分」アピールする人には、とりあえず
「そうですね~あなたは共感だけを求める感情的な女と違って論理的ですね~問題解決しますね~さすが~すご~い」
とバカっぽく同意しておけば、相手も黙ってくれるようです。皮肉が通じているのかどうかは知りませんが。ともかく、ひたすら共感してほしいだけなのは男脳(笑)とやらも同じだし、どうせ共感してほしいだけなら他愛もない話をすればいいものを、「愚かな女と違う男脳の自分スゲー」アピールして同意を求めずにはいられない己の醜悪さに気づいてほしいものです。 


 この手の困ったさんについては、過去記事でも取り上げています。
なぜ信じてしまうのか? 

 

 「男は問題解決、女は共感」という俗説が日本で広く信じられるようになったのは、例によって『話を聞かない男、地図が読めない女』(以下、『話を~』と表記します)の影響だと見て間違いないでしょう。そして、これまた例によって、この説を最初に提唱したのは『話を~』ではありません。
 「男は問題解決、女は共感」説の最古の出所は、私の知る限りでは、ジョン・グレイ著『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた』(2001年、三笠書房より邦訳出版)です。 

 

・ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた 
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E2%80%95%E7%94%B7%E3%81%A8%E5%A5%B3%E3%81%8C%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8F%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%80%8C%E5%88%86%E3%81%8B%E3%81%A1%E6%84%9B%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB-%E7%94%B7%E3%81%AF%E7%81%AB%E6%98%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%81%E5%A5%B3%E3%81%AF%E9%87%91%E6%98%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F-%E7%9F%A5%E7%9A%84%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%8B%E3%81%9F%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%A4/dp/4837971768 

 

 ジョン・グレイ本の原著は1992年アメリカで出版され、すぐにベストセラーになりました。一方『話を~』は、1999年にイギリスで事実上の自費出版です。放っておけば自然消滅する定めの本でしたが、日本の主婦の友社が邦訳を出版したところベストセラーになり、その後海外でもヒットしました。『話を~』は、ジョン・グレイ本をかなりパクっています。
 因みに、ジョン・グレイ『ベスト・パートナーになるために』の表紙の宣伝文句は「全世界で5000万部、日本で100万部突破!」、一方『話を~』の宣伝文句は「日本で200万部、全世界で600万部」です。『話を~』は主に日本で売れていることがわかります。ジョン・グレイ本は、日本での発行部数こそ『話を~』に劣りますが、世界的にはこちらの方が売れています。『話を~』が欧米ではそれほど売れなかったのは、二番煎じ臭が強かったからかもしれません。まあ、『話を~』同様、ジョン・グレイ本もトンデモ本であり、著者はスピリチュアル系自己啓発ビジネスの人ですが。
 ジョン・グレイは心理学博士を名乗り、著作は心理学の知見に基づいていることを売りにしていますが、全くあてになりません。ジョン・グレイについては以下の記事を参考に。 

 

・WIKIPEPIA John Gray (American author)(英語)
https://en.wikipedia.org/wiki/John_Gray_(American_author) 

 

 上記リンク先において Alma mater の項目に Maharishi International University, Columbia Pacific University と記載があります。Maharishi International University と聞いてピンとくる人もいるでしょうが、これ、スピリチュアル系です。 Columbia Pacific University は名門コロンビア大学と紛らわしいですが、ディプロマミルです。ディプロマミルを知らない人は、以下の記事をどうぞ。 

 

・ブログ 幻影随想 より 2007年07月23日付記事

 文部省がディプロマミル撲滅に重い腰を上げた模様
http://blackshadow.seesaa.net/article/49008246.html 

 

 上記リンク先にも書いてありますが、ディプロマミル学位取得者の大半は詐欺の被害者であり、責めるのは酷です。ただしジョン・グレイの場合、心理学博士であることを売りにしているのですから、経歴に箔をつけるための確信犯でしょう。因みに Columbia Pacific University は米国裁判所の命令により閉鎖させられています。 

 

 嘘も百回言えば何とやらのことわざ通り、「男は問題解決、女は共感」のフレーズも繰り返し語られ続けてすっかり真理であるかのように錯覚されていますが、たとえ何億回繰り返し語られようと、四半世紀以上前のトンデモ本一冊分の情報価値しかありません。 

 

 男脳・女脳の自己啓発ビジネスでは、男脳と女脳の違いにより仲違いや衝突が起きると説明するのが常套手段です。曰く、男脳は問題解決や結論重視なので、女の話の腰を折ったり、「結論を先に言え」「だったら××しろ」などと言いがちで、共感してほしいだけの女脳とはすれ違うそうです。で、男脳と女脳の違いを理解すれば、夫婦円満になるんだとか。――――アホくさーっ! こんなの本気で信じている人(特に女性)なんているんですかね。
 えっ、この説は当たっているし、私は本気でこの説を信じているだって? ほほ~。それじゃ、男脳・女脳の自己啓発ビジネスが提唱する説は正しいと仮定しましょう。問題解決の男脳と共感の女脳の違いが喧嘩を生むんですよね? だったら違いを無くせばいいんです。男は共感を必要としていないんだから、男が何を言っても共感は不要、「大変だったね」「つらかったでしょう」などの言葉は禁句です。男が何か話し出せば2秒で男の話の腰を折り、「結論を先に言え」「だったら××しろ」などと言い、常に解決策(笑)とやらを提示しましょう。そうそう、男脳(笑)にとっては、「おまえが悪い」「だったらやめれば?」程度の物言いが問題解決(笑)ですとさ。男相手には男脳(笑)で応じましょう。こんな会話を一年も続ければ、夫婦円満間違いなし、喧嘩も治まります。
 えっ、こんな会話、一年どころか一回やっただけでも相手の男がヒステリーを起こすのが目に見えていて、身の危険すら感じるからできないって? ほ~らやっぱり、こんな説なんて嘘っぱちだってこと、ちゃんとわかってるじゃないですか。自分がやられりゃ壮絶なヒステリーを起こす対応を女相手にはする男って、要するに女を見下しているんですよ。「男は共感より問題解決だからしかたない」なんて自己欺瞞でごまかしてないで、性差別の現実を受け止めないと。

 自己啓発ビジネスでは、男相手に「問題解決重視の男と違って女は共感重視だから、女の話には解決策を提示せずに共感しておけ」とよく言いますが、女相手に「共感重視の女と違って男は問題解決重視だから、男の話には共感せずに解決策だけ提示しておけ」とは決して言いません。もうおわかりですね。あっという間に嘘がバレてしまうからです。 

 

 結局、「男は問題解決、女は共感」説なんて、女相手の会話支配に失敗した男の精神勝利法にすぎません。会話支配の失敗とは、具体的には以下のような状況を指します。

・女に反論された。
・女が「合コンさしすせそ」(さすが~、しらなかった~、すご~い、せんせ~い、そうだったんですか~)的な感情接待をしてくれなかった。
・女相手にマウンティングや説教をして優越感情を満たそうとしたら拒絶された。
・女が自分の話に共感・賞賛してくれなかった。  

 そう、たとえ会話支配に失敗しても、「男の自分は解決策を提示したが、女は共感してほしいだけだ」ということにしてしまえば、いかにも自分の方が正しく、相手の女が幼稚で間違っているかのように思いこめるんです。そして、問題解決なんかできない己の無能さも直視せずにすみます。――――たとえそれがハリボテの幻想だったとしても。
 まあ、男が女相手の会話支配に成功して、女がひたすら「合コンさしすせそ」で男の話に相槌を打っている状況であっても、何の皮肉も矛盾も感じることなく「男は女と違って会話に共感は求めていない」と信じ込んでいられるのでしょう。 

 

 ともかく、「男は問題解決、女は共感」説は非常にいい一次スクリーニングになります。この説を言い出した相手とは距離を置き、天気の話だけするのが吉です。

ブログ移転のお知らせ

 2011年より、はてなダイアリーにおいて当ブログ『方向音痴な言説』を運営してまいりましたが、2019年春に、はてなダイアリーサービスは終了予定となりました。詳細は下記リンク先に書いてあります。 

  つきましては、本日2018年10月19日をもちまして、はてなダイアリー内に置いていた過去記事すべてを、はてなブログへと引越しいたしました。旧はてなダイアリー記事にアクセスいただいても、新はてなブログ記事へとリダイレクトします。